学校の教育方針と家庭の教育方針

面接の時に家庭の教育方針をお聞かせください、に似た質問は多い。

どのようなことを問いているのか。

実は学校の教育方針と家庭の教育方針どこが合致していますかということを聞かれている。

合否においてとても重要なポイント。

教育方針が間違った方を向いている親が入学すると厄介なことになるのでそれを避けるため聞かれている。

学校の教育方針

私立学校は建学の精神を掲げ、そこに基づいて教育理念や教育方針を持っている。

そして、それらに沿ったカリキュラムを組み教育を実施している。

学校からだされているパンフレットやホームページにも書かれている。

よくわからない場合は本来は学校説明会などで先生に質問するのが良いが、もう終わっている今は通っている父兄に聞くのも一つの手。

家庭の教育方針

親は子供に夢を抱いたり、願いをもつ。同じ子供に対する願いでも理想と、欲望がある。

理想は将来こんな人間になってほしいなど。

欲望はみんなが感心するような一流の私立に合格してほしいなど。

家庭の教育方針とは上記で言う理想のこと。

他人の迷惑にならないような人間になってもらいたいというような部分的な姿勢を示すだけではピント外れな答えになる。

世の中の人のためになるような人間になってほしいとか他人に喜んでもらえることのできる人間になってほしいというのが理想の答え。

家庭の教育方針の答え

どのような理想を掲げ、それを貫徹するためにどのようなことを日々実践しているかということを

具体的に、

わかりやすく、

相手に納得してもらえるように話すとともに、

その内容が学校の教育方針と合致していることが重要

私のやる気スイッチとなっております➡にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ押してあげてください♥

引用:有名私立合格の秘訣 大岡成美 

コメント

タイトルとURLをコピーしました