振り返ってみる

小学校受験の意義を考える

小学校受験への挑戦はわが子の将来像や教育方針について考え、そこに向かって努力をするきっかけになる。

子供にとっては何かができるようになったという結果もさることながら、高いハードルを越えようと努力し、頑張った日々が精神的な成長を促してくれる。

受験当日を迎えてもできないことはたくさんある。

問題の意味がわからないなど、困った事態に直面するかもしれない。

泣くことなく親や周囲の先生に頼ることもなく、たった一人で問題に立ち向かい、何かしらの答えを導き出して、前へ進んでいく。

目標を定め、達成しようとすればその過程でさまざまな困難に直面することになる。しかし困難は決して否定的なものではなく、人を大きく成長させてくれる。

たとえ思い通りの結果が得られなくても乗り越えようと努力し、懸命に頑張ったことに変わりはない。

次のステップの礎となる。

合格は約束されていないが成長は約束されている。

参考にした本↑

にほんブログ村 受験ブログへ

最新記事はこちら⇧をクリック👆

コメント

タイトルとURLをコピーしました