聞く力を育てる

小学校受験において最も重要と言っても過言ではない、聞く力。

聞く力がなかったら行動に移せませんからね。

よく聞いて的確に行動できるようにするにはどうしたらいいか、課題ですね。

話を聞き流す子

親が次から次に指示を出す、いつも早くとせかし、怒っている。このような接し方をしていると子供は耳をふさぎたくなりしっかり聞かなくなる。

少し口数を減らして、親が言っていることは大切なことだとわかれば話が聞ける子になる。

家でできることはなにか

指示を聞ける子に育てるには、日常会話の中で正しく話ができるように指導するとともに自身も正しい文章で指示を出すように心がける。

指示は口頭でされるので、親の話をしっかり聞き、正しく話し、対話のルールを身に着けさせることは大切。

聞く力や記憶する力を育てるためには「食器棚の上から二番目にあるお皿を持ってきてください」など指示する習慣をつける。

聞く力を育てると同時にすること

意識して、これはどうやったの?と聞いて子供に話させる。

話すことによって話す力がつくと同時に、聞くときに物事の流れを意識しながら聞けるようになる。

聞く姿勢

話を聞くときは目を見て最後まで聞く習慣をつける。親は子供の目の高さまで低い姿勢になり、目を見て話す。背中で聞く、何かしながら聞くと、子供もまねをする。

聞く力を育てる教材

聞き取りの教材はたくさんありますが、我が家で買ってみたものの中で買うときにあまり情報が手に入らなかったものを紹介したいと思います。

田舎の書店には売ってませんでしたので、ネットで買いましたが中身の説明や口コミが少なく買うときに迷いました。

とりあえず試したがりの母は買ってみました。

(作っている会社のホームページ

STEP1は4歳からとはなっていますが、多少早く始めても問題ないと思います。

我が家では買うのが遅く5歳になる直前くらいに買いましたが、少し簡単だったようです。

ドリルの最初にも書かれていましたが聞く力を育てるには小さいころからの準備が大切とのこと。

また聞く力の練習の効果はあると記載されていましたが、本当にそう思います。

聞く力のトレーニングをすると徐々に聞く力はつきました。

問題と解説書がわかれる形でした

CDが2枚付属。アプリでも音声が聞けます。

最初は何の音か聞き取る問題。5歳児には簡単。

意外と常識的な音を聞ける問題集は少ないと思う。

年少~年中さんくらいでちょうどいい感じ。

短文暗記+発音練習になる

お話の記憶の一番最初の練習には最適

以上内容はこんな感じです。良ければご参考に。

一部ママは名教師!から引用

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

最新記事はこちら⇧をクリック👆

コメント

タイトルとURLをコピーしました