わが子のIQ

先日七田式教室でIQの診断がありました。

年中くらいから半年ごとにやって3回目でした。

多少の数値変動はあるものの同じような数値でした。

んでも毎回思うのが結果をみてどうしろと・・

まあ興味があるので数値を知れたことはうれしいですが。

で、できる子なの?どれくらいすぐれているの?将来性は?と逆にいろんな悩みがでてきます。

以下ネット情報のまとめです。

ふーんくらいの気持ちでご参考に。

そもそもIQって

IQ(知能指数)は絶対的な伸び(生活年齢=何歳何カ月)に対して、相対的な伸び(精神年齢≒知能年齢)がどれくらいなのかで算出される。

同年代の知能検査の結果の平均値に対してどうなのかという数値。

平均値が100

90以下は知的発達が遅れている。

110以上は知的発達が進んでいる。

IQテストにおいて全体の95%がIQ70~130

残りの5%が知的障害だと言われる70以下か130以上

知能が高い子の特徴

・学びの関心の成熟が早く、自分より年長児を友達に持つことが多い

・考える力、憶える力が高い

・情緒が安定している、自制力がある、自立している

・温和、理性的、社会性がある、神経質ではない

・心配性

知能指数は伸びるのか

知能を司っているのは脳細胞。脳細胞そのものが発達する時期に鍛えれば、普通に発達する以上に発達する。

人間の生まれたばかりの赤ちゃんの脳重量は360g、一般成人の脳重量は1350g。三歳児はすでに成人の75%、1000g。10歳で成人の90%1200gになる。

最も成長する幼児期にこそ脳細胞に良い刺激を与えて、知能を伸ばしてあげなければならない。

(この見出し部分は東京英才学院HPより引用)

知能テストの種類

田中ビネー知能検査

WISC

知研式因子別知能検査(肥田式)

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

最新記事はこちら⇧をクリック👆

コメント

タイトルとURLをコピーしました